EDなのだろうか?

 

EDなのだろうか?とちょっと頭の中で考えている人、気になっているには何かしらのきっかけがあるのです。

そんな方の為にED最新情報をお伝えしようと思います。

EDという症状は決して珍しいものではなく、今は四人に三人の男性が重軽関わらず、EDの可能性があるといわれているほどです。

なかなか人に話しづらい症状だけに、他の人はそんなことがないと思いがちですが、もしもEDかもしれないとなった時に、それは自分だけではないということを覚えておくと気持ち的に楽でしょう。

EDというのは勃起障害もしくは勃起不全と言われる症状で、朝立ちをしなかったり、セックスの際に挿入できても勃起が持続できない、十分に固くならない、セックスが満足できる様にできないなど、今までの勃起の様子と異なる場合に当てはまります。

完全に勃起しないと捉えている人もいる様ですが、実はこの様に勃起が十分にできない、勃起が持続させられないという症状も含まれます。

EDの場合、普段の生活に支障もなく病気ではないと思われがちですが、男性にしてみると、精神的にショックであったり、中には別の病気が隠されているということもあり、専門的な治療を受けることが良いでしょう。

EDというのはわかっていても、なかなか病院へ行けないのが本音であると言う人が多い様です。

わかっていても治療をしていない人も多くいるので、実は実際にわかっているよりも患者数は多いのではないかと言われています。

EDは加齢によるものもあるので、高齢者がなるというイメージもありますが、まだまだこれから家庭を持つという様な若い世代にも増えてきていると言われています。

健康的な性生活を送るためにも、EDは恥ずかしがらずにきちんと治療をすることがおすすめです。